読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

童貞卒業への道程

大切な人と幸せに暮らしたいな

人を好きになるには?

 

「人を好きになるには?」

 

f:id:douteisotsugyou:20151101163506j:plain


今日のエントリーはちょっと僕の内面的な部分に迫る内容となってしまうことをあらかじめご容赦頂きたい

もしかしたらこのエントリーを見てイラっとしてしまう人もいるかもしれない

普通の人だったら何も気にしないようなことを僕は気にしていたりするので、理解できないところもあるかもしれない

なので少し軽い気持ちで読んでいただきたい

「あーこんなんだから童貞なんだなー!」とか

「童貞たる理由はこういったところにあるのか!」とか

ちょいと童貞の生態・思考回路に触れてみようかなというスタンスで読んでいただけると幸いです。


前回の英語勉強会

事前のシミュレーションのおかげで5年ぶりに女性と連絡先を交換することができた

douteisotsugyou.hatenablog.com

 心底舞い上がってこんなブログを書いてしまった(笑)

 

そこで知り合ったRさん

 

話してみてとても気さくで良い人だなと思った

地方から転勤で東京に来て、まだまだ慣れていない感じもあり、素朴な感じで印象が良かった

 

そして次の日に早速連絡を取ろうかと思った

しかし、ここで何か少しためらいを感じてしまったのだ

それは連絡を取るのが怖いということではない

そんなこと言うと

「嘘つけ!童貞!!ビビってるんだろ!!」

なんてツッコミが飛んできそうだ(涙)

 

でも本当に違う

正直なことを言うと

何というか、イマイチ乗り気にならないのだ

 

またそんなこと言うと

「死ね!童貞の分際で何を偉そうに!向こうだって貴様のことなんぞお断りだ!!」

なんてフルボッコになりそうだ!(涙)

 

でも本当にそう感じたのだ

何故だろう?

あれだけ連絡先を聞けて嬉しかったのに

いい人だなと思ったから連絡先を聞いたのに

何故だろう?

 

このためらいの原因を自分なりに考えると

まず僕はまだ「彼女のことが好きではない」という当たり前のことがまず頭に浮かぶ

一目惚れなんてしたことがないし、たかだか1日数時間喋っただけで好きになることはないと思う

そして話は先に進む

では、僕はどうしたら人を好きになるのだろう?

そもそも僕には人を好きになるプロセスというのがわからない気がする

今まで異性にモテたい!と思っていろいろとがんばって見たけど

肝心の自分が異性を好きになるには?

ということを考えていなかった

そんなこと普通の人は考えないで、本能のままに行くのかもしれないけど、26年間童貞のまま来てしまった僕にはその本能というか野生の感のようなものがないのだ

だから考えてしまう

本能よりも理屈的に考えてしまう

どうしたら人を好きになるのだろう?

そもそも人を好きになるプロセスというものはどういう流れなのだろうか?

まず一番最初は何から始まるのだろう?

好き!の前には何があるのだろう?

いろんな疑問が頭に浮かんでくる

そして僕は考えてみた

まず人を好きになるほんの少し前の段階

人を好きになる要素について考えていく

そうするとそれはおそらく

性格が合うとか

話していて楽しいとか

そんなものだと思う

人を好きになる理由がそういった要素なのであれば、そこに至るにはまず相手とコミュニケーションを取らなくてはならない

コミュニケーション無くして、人の性格や嗜好を知ることはできないし、相手と時間を過ごしている時に自分がどんな風に感じるかもわからない

だから

コミュニケーションをとる

相手を知る

相手と話している中で、相手に対する自分の気持ちを知る

好きor好きじゃないと気づく


となる


そうなると最初はコミュニケーション、すなわち相手を知ることから始まるのだ

相手を知るために話しかける

話しかけなければ何も始まらないのだから

そしてその話しかけるという行為の一番の原動力は何だろう?

それは「相手を知りたいという気持ち」なのではないだろうか?

すなわち相手に対して興味を持って接する

これが全てのコミュニケーションの一番最初にくると思う

僕は本当に興味を持って異性に接しているのだろうか?

ただ単に時間や気まずい空気を埋めるために喋っているだけなのではないだろうか?

相手に対する質問などを事前に考えたことをもあったけど、それは本当にコミュニケーションと言えるのだろうか?

まずは相手に興味を持って接する

その根本的な部分が、僕には欠けているように思える

ではどうしたら相手に興味を持つ事が出来るのだろうか?

そもそも興味関心とはどこからくるものなのだろうか?

あんまりよくわからない

でも僕が人の話を聴く時って、きっと自分にとって得るものがあると思っている時に、興味を持って話を聞こうとするのだと思う

そうなると興味関心があまりわかないということは、自分にとってその人との会話は得るものがあまりないとおもってしまっているのだろうか?

得るものがないとはなんだろう?

僕はそんな高飛車な人間なのだろうか?

そんなこと認めたくないけど突き詰めて行くとそういう部分にぶち当たる

きっと僕は僕が思っている以上に、傲慢で他者へのリスペクトがない人間なのかもしれない

人をこういう人間だと早急に判断して、それ以上その人のことを掘り下げない

判断した時点でその人への好奇心、興味というものは失われて行く

そうするとそこからコミュニケーションが深まって行くことはない

そうなると良いコミュニケーションにはまず興味関心を持つことが何よりも大切で、そのためには相手を勝手に自分の中で決めつけたり、判断したりしないことが大切ということになる

そうなれば、特に質問内容とか考えなくても自然と相手に対する興味が湧いてきて、話題も生まれるのだと思う

そうなると

 

相手に興味関心をもつ

相手に話しかける

話中も相手を決してこういう人間だと決めつけたり、判断したりしない


コミュニケーションを深めていく

相手のことを知る

相手と話している中で、相手に対する自分の気持ちを知る

好きor好きじゃない

 

ということになる

そうすると今の僕に必要なのは

相手に興味関心を持って接すること

相手を自分の物差しで決めつけたり判断したりしないこと

この二つが必要だ

この二つは今の僕に圧倒的に欠けている部分だ

それに気付いた今、どうにかしてこの二つのスキルというか、心掛けを養えるようにしなくてはいけない

どこか女性と会話できるところに足を運んでトレーニングしてみようかな!?

行くしたらキャバクラとかだろうか?

うーん・・・なんか気が進まないけど・・・

まあやれるだけやってみるか!!!


そんじゃまた!!