読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

童貞卒業への道程

大切な人と幸せに暮らしたいな

”好き”を見つけるために

童貞卒業へ向け動き出した僕

色々やらなくてはいけないことがあるなかで

僕はまず自分自身が「魅力的な人間」にならなくてはいけない

そう考えた

そして「魅力的な人間」とは何だろう?ということを以前考えてみた

 

douteisotsugyou.hatenablog.com

 

コチラの記事で僕はある本との出会いを書いた

二村ヒトシ著の「すべてはモテるためである」

この本を読んで「魅力的な人間」というのは「自分というものを持っている」人間だという風に考えるようになった

そしてさらに話は続き、「自分というものをもっている」というのはどういうことか?ということを突き詰めていく作業にはいっていく

そこで僕は「自分というものをもっている」ということは

「自分がどんなことが好きか」、そして「なぜ自分はそれが好きなのか」ということを知っているということだと学んだ

すなわち何か自分が熱中できる好きなことを持っていて、そのものをやっているときは決して一人でも寂しくない

そんな「自分自身の居場所」を持っている人が魅力的であるという結論に達したのだ

 

 

douteisotsugyou.hatenablog.com

そしてそんな自分の居場所、すなわち自分自身が熱中出来て、輝けるフィールドを多く見つけ、そこで異性と出会い自分自身をアピールしていこうという基本方針を決めたのがこの記事だ

ここからどんどん自分自身と向き合っていく作業に入っていった 

 

 

douteisotsugyou.hatenablog.com

そして、じゃあ自分は何が好きなんだろう?と考えたのがこちらの記事

この中で僕がまず真っ先に好きなものとして挙げるのは「英語」だと書いた

英語をずっと勉強していて、おかげ様で英語を使って今の会社に入社し、英語を使って仕事ができるまでになった

英語は僕にとって人生のライフワークであり、今となっては自分の人生を変えてくれたかけがえのないモノだ

 

 

douteisotsugyou.hatenablog.com

 

 

douteisotsugyou.hatenablog.com

 そして「英語」という自分が好きなもの

すなわち自分自身が輝けるフィールドへ実際に出かけてみたのが、この二つの記事だ

 

 

しかし結果はそんなに甘いものじゃなかった

僕自身、「英語」というフィールドに上がれば、もっと自分をアピール出来る!

英語さえできれば良い!そう簡単にとらえていた

でも実際の英会話サークルでは「英語以外の何か」が求められた

すなわち「英語以外で好きなことは何ですか?」ということ

参加者との会話の中では英語を使って「英語以外のこと」について喋る機会が多い

例えばそれは趣味であったり、仕事であったり・・・

つまり、自分自身がどういう人間かというのを英語でしゃべるのである

だから決して英語だけ出来ても意味が無いのだ

英語以外の自分の好きなもの

すなわち英語以外の自分の居場所とよべるものを見つけ、それにハマり、魅力的に語れるような人間になる必要があるのだ

 

英語以外に何があるだろう?

自分が好きなものって何だろう?

もっともっと自分と向き合って、「自分とはどんな人間か」を語れるようになりたい

先は長い

焦らず

自分のペースで

もうちょっと考えてみよう・・・