読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

童貞卒業への道程

大切な人と幸せに暮らしたいな

初対面の人と打ち解けるには・・・

昨日の英会話サークルでの衝撃的な敗北・・・

douteisotsugyou.hatenablog.com

 

 

そこから一夜明け、少し冷静に考えてみた

色々とダメだった点を整理していく中で、

「僕の英語力がもっと上だったら・・・」とか

「自己紹介の内容をもっと事前に練っておけば・・・」とか

「テーマトークが恋愛関連のものでなかったら・・・」とか

「僕がイケメンだったら・・・」とか

色々と思いあたることを考えてみた

 

考えてみたけど、確かにこれらの要素も大事だったんだろうけど

やっぱり今になって冷静に振り返ってみると「ファーストコンタクト」がすべてだったんだなと思う。

要は着席から開始までのあの数分間

あの無言のまま時間だけが過ぎていった数分間で一言でも二言でも喋るべきだったんだ

あそこで少しでも良い空気を作れていたら・・・

その後の展開も変わっていたのかもしれない

 

なのに僕はといえば・・・

手持無沙汰で、特に意味もなく携帯をいじったり、

気まずい間を埋めるため、頻繁にコーヒーを飲んだり

なんだか自分ってホントに童貞だなって感じる瞬間だった(笑)

お互い初対面だからしょうがないけど、雰囲気づくりというか、すこしでも打ち解けた和やかな空気作りを意識すべきだった。

だからこんな時どう会話を始めたらよいか?

打ち解けるための会話のレパートリーを童貞なりにいろいろ考えてみた!


1.「こんにちはー!」

もう単純明快!シンプルに笑顔であいさつをする。
これだけでも少しは相手の心がほぐれると思う。


2.「よくこのサークルにはいらっしゃるんですか?」

これも結構使えるのではないだろうか?
相手も同じサークルに来ているわけだし、
もし初めてだったら「僕もまだ初心者なんです!」で良いと思うし、
もし相手が何回も来ている人だったら「凄いですね!色々教えてください!」って聞いて見れば良いんじゃないかな。


3.「なんか緊張しますね・・・」

まあこれは正直に自分の腹を見せるというものだ。
変にかしこまって、
「あー俺全然緊張してないよ、英語なんて余裕だから」なんて態度でいるより
正直に白状して気持ちを楽にさせたほうが良いだろう。
もし相手も緊張ていたら、僕が白状することで少しは楽になるだろうし、気持を共有することで良い空気を作れると思う。
「周りの人がみんな上手そうに見えますよね・・・」なんて付け加えても良いかもしれない


4.「英語はどれくらい勉強されているんですか?」

英会話サークルに来るくらいだからそれなりに皆英語を勉強してきている人だろう
こういったシンプルな質問も良いかもしれない!
もし長く勉強している人にあったらその秘訣を聞くのもいいかも!


5.「お仕事等で英語を使われるんですか?」

社会人オーラが出ている人にはこんな質問も良いかもしれない
全然使わないですよーという人だったらどうして英語を勉強しているのか?
英語で仕事してますという人だったらどんな仕事をしているのかを聞いても良いかもしれない


ざっと思いつくところだとこんな感じかな!

たったの5つだけど、これだけでもそれなりに相手との距離は縮められると思う

せっかくの良い機会だからシミュレーションしてみよう(^^)/


僕「こんにちは!」

女「あっ・・・こんにちは」

僕「良くこのサークルにはいらっしゃるんですか?」

女「いえ、まだ数回程度です」

僕「そうですか!僕もです!あんまり来たことなくて・・・なんか緊張しますよね・・・」

女「そうですね・・・緊張しますよね・・・」

僕「なんかこういう時って周りの人が皆英語上手そうに見えますよね!(笑)」

女「あはは!そうですよね。ちょっとわかりますその気持ち!」

僕「(相手の名前を聞いてから)○○さんもめっちゃうまそうに見えますよ!!」

女「えーそんなことないですよ!!(笑)」

僕「えーそうですか!?そんなこと言って上手かったら僕めっちゃ落ち込むんですけど!(笑) 英語はどれくらい勉強されてるんですか?」

女「うーん、ここ一年くらいです。仕事で使うので。」

僕「へーそうなんですね。お仕事はどういったお仕事をされているんですか?」

女「お仕事は○○○・・・・・・・」


みたいな感じかな!!

てかこんなうまく行くのだろうか?(笑)

まあ僕童貞だしよくわかんないや!(開き直り)

でもなんとなくイメージがつかめたし、次行くときは実践してみよう!!

とにかく実践と反省を繰り返して、よりよい振る舞いができるようになろう

行動あるのみ!ファイト!!!

 

 

会話のきっかけ (新潮新書)

会話のきっかけ (新潮新書)