読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

童貞卒業への道程

大切な人と幸せに暮らしたいな

思い付きから習慣へ

一人旅も終わりいつもの日常に戻り早二週間

 

僕の今の生活の中心はと言うと英語学習とランニングと読書だ

 

カメラとサウナと自転車がそれに続く感じ

 

英語学習と読書はもう数年来の趣味だが

それに加え最近はランニングが習慣の軸になりつつある

 

今は週に3〜4回くらいの頻度で1回あたり5km程走っている

 

初心者だからまだまだ距離は短いし

 

最後の方はヘトヘトでもはや競歩では?と思えるようなスピードで走っている時もあるけど

 

何だかんだ楽しいです!ランニング!!

 

雨などで走れない日が続くと何となく体がモヤモヤした感じになるし

 

最近は身体が走ることを欲するようになった

 

完全に習慣化するまであとちょっとだ

 

そして不思議とランニングを始めてから自分に自信が持てるようになった(笑)

 

うーん一昔前の自分にこんなこと言ったら笑われるかもしれないけど

 

自分はランニングをして身体を鍛えているんだ!という自己肯定感のようなものが芽生えたんだと思う

 

まあ相変わらずガリでホネホネロックな体型は変わらないけど

 

少し厚みを増していた首回りの贅肉と、パンツのゴムに乗りつつあったお腹の肉が少しスッキリしてきた

 

顔付きも変わってきたかもしれない(笑)

 

まあ気のせいかもしれないけれど

 

とにかくランニングを始めてから、早起きになったし、体力も少しずつ付いてきたし、ストレス解消にもなるし、とにかく良いことづくめなわけで

 

もうちょっと本格的にランニングに取り組んでみようと思う

 

ウェアもちゃんとしたのを買って

 

タイムを記録する時計も買おう

 

そしてマラソン大会にも参加しよう

 

あとは少しずつで良いからランニング以外のトレーニングもしたいな

 

ジムは挫折した過去があるから自分で出来る自重トレーニングで上半身も鍛えてみようかな

 

懸垂とか良いかも!!

 

うーむやることいっぱいだな(笑)

 

まあ何事もやってみるのが信条なのでとりあえず行けるところまで頑張ってみようと思います!!

 

そんじゃまた!!

 

 

一人旅〜しまなみ海道編〜

f:id:douteisotsugyou:20170507181253j:image
さて今日はしまなみ海道を自転車で疾走するぞ

 

電車に揺られスタート地点の今治へ

f:id:douteisotsugyou:20170507180715j:image

準備万端いざスタート

 

だんだんと海が近づいてくるよ

f:id:douteisotsugyou:20170507180738j:image

ここからいよいよ最初の大橋へと渡っていく

f:id:douteisotsugyou:20170507180833j:image

うげー

 

傾斜がきつい

 

しかし登ってみると・・・

 

f:id:douteisotsugyou:20170507180855j:image

絶景・・・

 

f:id:douteisotsugyou:20170507180921j:image

海の青さが眩しい・・・

 

風も心地よいし

 

いやー最高の気分だ

 

しまなみまで来てよかった

 

そして最初の島 大島へ

 

f:id:douteisotsugyou:20170507180952j:image

道の駅でうにいくら丼を食らう

 

うひゃー美味い

 

いくらはプリプリ

 

ウニはすごいクリーミーで絶品だ

 

うーんまだ食べ足りないな

 

ならもう少し走ってお腹すかせて二件目に行こう!

 

道の駅を後にしそのまま大島を走る

 

しかし・・・

 

先ほどまでのなだらかな道から急にアップダウンの激しい道へと突入した

 

見渡す限りずーっと登り坂が続く

 

こりゃしんどい

 

あまりにしんどすぎて写真を全然撮らなかった(笑)

 

やっとの思いで大島を抜け伯方島へ

 

f:id:douteisotsugyou:20170507181037j:image

あの伯方の塩で有名なところだ

 

本場伯方の塩ラーメンを食べようではないか

 

島に降り立ってから数キロの道程を走る

 

小さな島とはいえアップダウンが厳しい

 

先ほどの大島での体力の消耗もありついに歩いてしまった

 

全身から汗が吹き出しシャツには白い汗の結晶が・・・

 

f:id:douteisotsugyou:20170507181111j:image

そしてやっとお店に到着

 

着いた頃にはお店の横の道路には大行列

 

整理券をもらい列に並ぶ

 

この時はすぐに食べられるだろうと思っていた

 

しかし待てど暮らせどなかなか自分の番が来ない・・

 

来ない・・・

 

来ない・・・

 

結局2時間待ちました(笑)

 

最後の1時間はもうここまで来たら引き下がれないという思いでした(笑)

 

待ちに待った塩ラーメン

f:id:douteisotsugyou:20170507181232j:image

 

透き通るスープからほんのり海の匂いがする

 

美味しい

 

疲れ果てた身体にスープが染み渡る

 

いやー美味いわ

 

最近の塩ラーメンは出汁の旨味が前面に出たものが多いけど

 

この伯方の塩ラーメンは塩の旨味が前面に出てるわ

 

スープまで飲み干しお店を後にした

 

この日は一度通り過ぎた大島の古民家へ民泊

 

f:id:douteisotsugyou:20170507181334j:image

築100年を超えるこちらの古民家へお邪魔した

 

夜は同じ宿泊者の方々と団欒

 

中には千葉からご夫婦で自転車に乗りしまなみ海道を走って来たという方もいた

いいなー

 

素晴らしい関係だな

 

特に旦那さんと仲良くなり、たくさん為になる話を聞かせてもらった

 

旦那さんも40歳手前まで独身だったとのこと

 

今の奥さんとの出会いは合コン

 

本当は街で偶然ぶつかってから関係がスタートしたとか

 

本屋で手と手が触れてトキめいたとか

 

そんなロマンチックな出会いに憧れていたと苦笑い気味に話す旦那さん

 

でも実は出会いのかたちはそんなに重要ではなくその後の生活の方がよっぽど意味のある大切なものだったと

 

だから出会いは合コンでもネットでも何でも良いんじゃないかなと話してくれた

 

自然な出会いに憧れている今の自分には刺さる言葉だった

 

そうだよな

 

確かに出会いのカタチはあくまでスタートにすぎない

 

その後の生活の方がよっぽど長いもんな

じゃあ何故自分は出会いのカタチにこだわっているのだろう?

 

それはきっと恋愛そのものに憧れがあるからだと思う

 

この憧れは正直どうしようもないなと心の中で思った

 

でも今目の前にいる幸せそうなご夫婦を見たら、そんなカタチにこだわっている自分が少し滑稽に思えた

 

旅が終わったらもう少し柔軟に行動してみようかな

 

合コンでも街コンでもオフ会でも相談所でも

 

色んなカタチがあるから

 

もう少し視野を広げて行動してみようと思う

 

翌朝 お世話になった方々と写真を撮り宿をあとにした

 

走っている途中 自然と夫婦やカップルでサイクリングしている人の姿が目に入るようになった

f:id:douteisotsugyou:20170507181445j:image

いいなー

 

理想的な関係だよな

 

都会でおしゃれに洋服を着こなして颯爽と歩いている女性もいいけど

 

こんな風に日差しを気にせずに汗いっぱいになってサイクリングする女性の方が僕は好きだな

 

そんなことを思いながら

 

自転車は伯方島を過ぎ大三島、生口島へ

 

f:id:douteisotsugyou:20170507181510j:image

途中サイクリストの聖地に立ち寄り

 

f:id:douteisotsugyou:20170507181527j:image

ジェラートもいただく

 

この旅で食べてばっかりだなあ(笑)

 

でも幸せだ

 

f:id:douteisotsugyou:20170507181601j:image

南国のような陽気の中さらに漕ぎ続ける

 

f:id:douteisotsugyou:20170507181617j:image
案山子にも応援してもらってる気分だ

 

暑い・・・

 

ただひたすらに暑い・・・

 

気がつくと時刻は14時過ぎ

 

f:id:douteisotsugyou:20170507181642j:image

そういえば朝から走るのに夢中でご飯をほとんど食べてなかった

 

漕ぎ続けて段々と体力もなくなってきた

 

因島を過ぎ、向島へ入る

f:id:douteisotsugyou:20170507181701j:image

 

ここらで昼飯と思ったが全然お店が見当たらないではないか(涙)

 

そして見つけた店がことごとく閉店していた・・・

 

やっとの思いで見つけた開いてる食堂も僕が入ろうとすると

 

今日終わっちゃったんですよと一言

 

まじか

 

もう限界だ

 

さすがにこれには心が折れた

 

よろよろになりながら歩いていると

 

いやードンマイドンマイとサイクリング中のおじさんに声をかけてもらった

 

聞けばこの方も入ろうとしたら断られたらしい

 

60歳を過ぎているとはとても思えない若々しさ

 

ガハハと笑い飛ばしているそのおじさんを見るとヘトヘトになっている自分が情けなくなった

 

頑張れ若者よ!と励まされ

 

また自転車をこぎ始めた

 

まだ春だというのに太陽は容赦なく僕を照らす

 

ハンドルを握り続けたその腕は真っ赤に腫れ上がっていた

 

もうだめだ

 

腕も痛いしお腹も減った

 

体力も限界

 

そう思いながらも何とか走り続けること数十分

 

しまなみバーガーなるものを売るお店が目の前に現れた

 

キターーーーー

 

先ほどまでの疲れが一気に吹き飛んだ瞬間だった

 

店内に入りソーダとしまなみバーガーをオーダーし席に座る

 

真っ赤に焼けた手をさりげなく触っていた

 

火照った腕は焼けるように熱く

 

腕に少し何かが触れただけで激痛が走る

 

あぁ

 

しまなみ海道舐めてたなぁ

 

そう思っていると

 

後ろから「日焼け大丈夫ですか?」と店員のお姉さん

 

よかったらこれどうぞ!とアイスノンを渡してくれた

f:id:douteisotsugyou:20170507181833j:image

 

お姉さんの優しさに本当に感動して何とも言えない暖かい気持ちになった

 

感激しながらしまなみバーガーを頬張る

 

夢中で噛り付いていたため写真は撮り忘れた(笑)

 

ペロリと平らげお姉さんに御礼を言いお店をあとにした

 

しまなみバーガーでお腹も満たされ

 

お姉さんの優しさで心もいっぱいになった 

 

後はひたすら走り続けたf:id:douteisotsugyou:20170507182216j:image

 

無心になって走り続けた

 

あれだけ遠かったゴールが目の前にある

f:id:douteisotsugyou:20170507182206j:image 

 

早くゴールしたいような

 

でもこのまま終わって欲しくないような

 

なんとも言えないセンチメンタルな気持ちになりながらも

 

最後の力を振り絞りペダルを漕ぐ 

 

そして

 

最後の大橋を渡りゴールの船着場へ

 

ゴーーーール!!

f:id:douteisotsugyou:20170507182229j:image

 

やりきった!!

 

ゴールのご褒美は尾道ラーメン

f:id:douteisotsugyou:20170507182351j:image

 

身体はクタクタ

 

だけれども、最後は充実感で胸がいっぱいだった

 

しまなみ海道

 

しんどかったけど楽しかったな

 

この一人旅で自転車で走った距離は約200km

 

長いようであっという間だったな

 

そして僕にとってはとてつもなく大きな一歩だ

 

ありふれた言葉だけど

 

やればできる!ということを実感した

やらないでいうのと

 

実際にやってみて言うのでは意味が違う 

 

これだけインターネットが普及して

 

情報が溢れて

 

行動せずともネットを覗けば欲しい情報がすぐに手に入る世の中だからこそ

 

自分自身で行動してホンモノに触れるような人間でありたい

 

常に自分でやってみるという姿勢を大切にしたい 

 

そんなことを思った一人旅でした

 

この旅が終わったらぼちぼち恋愛も頑張って再開していこうと思います

 

また傷つくこともたくさんあるだろうし 

 

自分自身とたくさん向き合わなくてはならないだろうけど

 

なんとか頑張れそうな気がします

 

それではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人旅〜愛媛・道後温泉編〜

ああ

 

今日こそ・・

 

今日こそ筋肉痛がやばい・・

 

足が自分の足じゃないみたいだ


今日の目的地は愛媛・道後温泉


高知に別れを告げ電車で松山へ


松山に向かう途中

 

古き良き街並みが残ると言われる内子町で下車

 

f:id:douteisotsugyou:20170504070722j:image

町内をゆっくり自転車でめぐる

 

昔ながらの白塗りの壁が施された家々が立ち並んでいる


こちらは床屋さんらしい

f:id:douteisotsugyou:20170504070815j:image

 

なんともオシャレだ

 

軒先にはポップコーンの種になるトウモロコシが何気なく干されていた

f:id:douteisotsugyou:20170504070913j:image

 

時間がゆっくり流れているいい街だった

 

ここでせっかく愛媛に来たので何か名物を!と思い調べてみると

 

「鯛めし」というやつが名物らしい

 

名前からして美味しそうでないか!!

 

早速近くのお店へ入り鯛めしをオーダー

 

f:id:douteisotsugyou:20170504071443j:image

てでーん!

 

燦々と輝く鯛!

 

身はプリプリ

 

鯛の旨味とタレの相性も抜群!

 

うひゃーうまいわ!

 

高知でたくさん新鮮な魚介類を食べて来たけど

 

愛媛も負けてないねー!

 

こりゃうまいわ!!

 

超絶美味な鯛めしに大満足になったところで内子町を後にし松山へ

 

松山城は遠目から見るだけ

 

今回の目的地は道後温泉だからね

 

城下の街中にはたくさんの飲食店が軒を連ねていた

 

その中でなんとも言えないみかん一色のお店へ

 

愛媛といえばみかん!

 

なんでも愛媛には蛇口をひねるとみかんジュースが出てくる水道があるらしい

 

そんなみかん県・愛媛のプライドを感じるこちらのお店

f:id:douteisotsugyou:20170504071826j:image

みかんジュース、みかんジャム、みかんドレッシング、みかんタオル、みかんカレンダーとなんでもござれな状態(笑)

 

みかんの家系図まで(笑)

f:id:douteisotsugyou:20170504071856j:image

 

 僕はというと・・・

f:id:douteisotsugyou:20170504071842j:image

 みかんビールとジェラートをオーダー

 

みかんビールは想像と少し違った

 

みかん風味の飲みやすいビールといった感じであまりみかんが前面に出てはいない

 

一方でジェラートは激ウマ

 

みかん県!侮ることなかれ!

 

f:id:douteisotsugyou:20170504072631j:image

その後は自転車を飛ばし道後温泉へ

 

 

f:id:douteisotsugyou:20170504072702j:image

愛媛の電車やバスはなにかとオレンジ色のものが多い

 

地域愛を感じるね

 

 

f:id:douteisotsugyou:20170504072650j:image 

駅前のからくり時計

 

1時間に1度動き出し坊ちゃんなどの愛媛にまつわるストーリーの登場人物を模した人形が踊り出す

 

 

f:id:douteisotsugyou:20170504072729j:image

中の商店街は賑やかだった

 

f:id:douteisotsugyou:20170504072744j:image

あの有名な千と千尋の神隠しのモデルとなったこの道後温泉本館の建物

 

この行列がぐるりと建物を一周してました(笑)

 

僕はというと本館ではなくお隣の椿湯へ

 

中はGWの影響もあり激混みだった

 

シャワーを使うにも湯船に入るのも順番待ちの状況

 

あまりゆっくりくつろげなかった

 

残念

 

明日の朝にでもゆっくり入るとするかな

 

その後は地元の居酒屋へ

f:id:douteisotsugyou:20170504072803j:image

 

このお店が素晴らしかった

 

料理がまずうまい

 

こちらは初挑戦の亀の手

f:id:douteisotsugyou:20170504072812j:image

貝みたいなコリコリとした食感が新鮮だった

 

こちらはナマコ酢

f:id:douteisotsugyou:20170504072819j:image

うまかった!

 

てかこのお店何を食べてもうまい

 

こちらはじゃこ天

f:id:douteisotsugyou:20170504072902j:image

 

そしてカウンターで食べていたら隣にいたご夫婦にすごく仲良くしてもらった

 

なんでも夫婦二人で山登りに来たらしい

 

いいねー幸せだねえ

 

山登りの話や自転車旅の話、お二人の地元大阪の話に司馬遼太郎の話など

 

話が尽きることがなく

 

気づいたら時計は23時

 

時が経つのがあっという間だったな

 

いやーすごく楽しいひと時だった

 

最後はお互いの健闘を祈ってお別れした

 

夫婦二人で山登りかぁ

 

あんな風に好きな人と暮らせたら最高だね

 

なんか理想の夫婦像を教えてもらった気がする

 

一緒に飲めてよかった

 

僕も一人旅が終わったらまた恋愛も頑張ろう

 

そんな気になった道後温泉の夜でした

 

一人旅〜高知・四万十川編〜

今日はいよいよ50キロの道のりを走破する日だ

 

期待半分

 

不安半分

 

朝5時には目が覚めてしまった

 

一度布団に入るも中々寝付けず

 

ええーい!行ってしまえ!!

 

ということで6:30に宿を出発

 

f:id:douteisotsugyou:20170502201957j:image

うぉー!

 

ここから始まるぜ!

 

果てしなく広がる自転車道に胸躍らせペダルを漕ぎ始める

 

朝の静けさの中に小鳥のさえずりが響く

 

心地良い朝だ

 

漕ぎ進めて行くとだんだんと緑が深くなって行く

 

f:id:douteisotsugyou:20170502202331j:image

 

少しずつ四万十川に来たんだなという実感が強くなって行く

f:id:douteisotsugyou:20170502202354j:image

そして最初の沈下橋

f:id:douteisotsugyou:20170502202506j:image

佐田の沈下橋へと到着

 

まだ朝靄に包まれて人影はまばら

 

猫も眠たそうだ

f:id:douteisotsugyou:20170502202839j:image

 

さて、まだまだサイクリングはほんの序盤

 

どんどん行こう!

 

f:id:douteisotsugyou:20170502202951j:image

だんだんと道が険しくなってくる

 

 なだらかな道が多いとは聞いていたけど案外緩やかな登りが続いてしんどいぞ

 

f:id:douteisotsugyou:20170502203059j:image

お次は三里沈下橋

 

f:id:douteisotsugyou:20170502203234j:image

一本道が美しくのびていく

 

カメラを構えていると学生とすれ違った

 

みんな「おはようございます」と元気に挨拶をしてくれた

 

なんていい子たちなんだ!

 

やっぱりこんな美しいところで生活していると心まで綺麗になるのだろうか

 

f:id:douteisotsugyou:20170502203712j:image

川面に山の木々が映える

 

ああ風情があるなあ 

f:id:douteisotsugyou:20170502203844j:image

 

道がひらけ目の前に大パノラマが広がる度に感嘆の声をあげてしまう

 f:id:douteisotsugyou:20170502204043j:image

老後はこういう静かなところで過ごすのもいいなあ

 

そんなことを考えていると

 

そろそろ足の方から悲鳴が聞こえて来たではないか

 

足が明らかに重い

 

なんというか

 

平地でも登りに感じるようになって来た(笑)

 

うぎゃー

 

やっぱり50キロの道のりは伊達じゃない

 

スタートから3時間が経過

 

ゴール地点の江川崎まではあと19キロだ

f:id:douteisotsugyou:20170502204118j:image

 

しかしここからがまたキツかった

 

道幅は急に狭くなり

 

それとは対照的に車の往来は増えた

 

あまりにも狭い道幅ゆえに

 

車とすれ違う時は一旦止まらざるを得ない

 

やっとスピードに乗って来たな!と思ったところですれ違いのためにストップ

 

その繰り返しだ

 

止まる度にどんどんと足が重くなる

 

うげー本当にしんどい

 

お腹も減った・・・

 

何か食べたい・・・

 

その時、狭かった道が急にひらけ

 

道路脇にふと目を向けると

 

少しばかりの人だかりが目に入った

 

これはもしや・・・

 

キターーーーー!!

 

f:id:douteisotsugyou:20170502205336j:image

お茶屋さんではないか!!!

 

なんて最高の場所にあるんだ

 

足を止め、コーヒーと饅頭をゲット

f:id:douteisotsugyou:20170502205512j:image

 岩間沈下橋を一望しながら一服

 

至福のひと時だ!!

f:id:douteisotsugyou:20170502205622j:image

 

記念に相棒も一緒にパシャり

f:id:douteisotsugyou:20170502205702j:image

 

よしっ!

 

もうちょっとだ!

 

長いトンネルを抜けて

 

段々と街中に入って来た

 

ゴールが近づいたぞ

 

なんだか嬉しくもあり

 

少し寂しくもあるような

 

最後は余力を振り絞りラストスパート

 

そして・・・

 

GOAL!!!

f:id:douteisotsugyou:20170502210245j:image

 

ゴール地点は道の駅 「よって西土佐」

f:id:douteisotsugyou:20170502210333j:image

いやー長かった

 

ちょうどスタートから5時間かかったぜ

 

5時間ほとんど走りっぱなしだったからお尻が痛い・・・

 

足も痛い・・・

 

トイレ行きたい・・・

 

服も着替えたい・・・

 

でもやっぱり一番は

 

お腹減った・・・(笑)

 

f:id:douteisotsugyou:20170502210701j:image

高知名物 ぶしゅかんジュースで乾杯!

 

くー!!ビールよりうまいんじゃないかこれ?(笑)

 

そしてランチは四万十牛のカツカレー

f:id:douteisotsugyou:20170502210809j:image

あっという間にたいらげ

 

締めはケーキ!

f:id:douteisotsugyou:20170502210827j:image

いやー食べた食べた

 

その後は午後の陽射しを浴びながらデッキでうたた寝

 

幸せだ

 

疲れたしもうカラダは動かない

 

けれどなんだか心地良い疲れだ

 

そして何よりこれだけ長い距離を走れたことが自信になった

 

もうこれで胸を張って自転車旅が好きです!って言える気がする

 

これからも、もっとこういう非日常的な体験をしたいな

 

もっとワクワクするような瞬間に出会いたいな

 

そのためには

 

こういう経験をするためには

 

やっぱり行動あるのみだな

 

出来るか出来ないか

 

メリットがあるかないか

 

そんなことを考える前にとりあえずやってみる

 

それこそが一番大事なんだと今回の四万十川サイクリングで改めて実感した

 

四万十川 本当に来てよかったよ

 

明日も頑張ろう!!

 

お休みなさい

 

一人旅〜高知・久礼大正町市場編〜

朝起きるとカラダの重さに呆然とした

 

昨夜のサイクリングの疲れだろうか?

 

筋肉痛でカラダのいたるところがバキバキだ

 

今日一日乗り切れるだろうか?

 

不安に襲われながらも自転車を漕ぎ始める

 

 

一度走り始めると思いの外スイスイと進む

 

高知城を通り過ぎ坂本龍馬が生まれた街・上町へ

f:id:douteisotsugyou:20170501203851j:image
坂本龍馬 生誕の地

f:id:douteisotsugyou:20170501203908j:image

へぇここで生まれたのか

 

幕末から150年近く過ぎ辺りの景色は一変しているけれど

 

その当時はどんな光景だったのだろうと想いを馳せる

 

せっかくだから当時龍馬が稽古に出向いていたとされる日根野弁治道場の跡地まで歩いてみよう

 

大通りを一本路地へ入り細い道を歩いて行く

 

龍馬もこの道を歩いたのかな?

 

そんなことを考えながら歩いていると

f:id:douteisotsugyou:20170501204453j:image

あった!

 

正直これだけだとよくわからんというのが感想(笑)

 

気を取り直して自転車を漕ぎ漕ぎ

 

途中坂本家の跡地を発見

 

f:id:douteisotsugyou:20170501204625j:image

f:id:douteisotsugyou:20170501204636j:image

今は喫茶店になっているらしい

 

残念ながらお店は定休日

 

また来るとしよう

 

さて太陽も登ってきて街も活気付いてきた

 

気分も良くなり自転車は快調に進んで行く

 

途中街場のパン屋さんによりオニオンチーズブレッドゲット

 

そのまま最寄の駅へ

 

f:id:douteisotsugyou:20170501204854j:image
無人駅である


なんともノスタルジーな光景が広がる


電車は一時間に一本


せっかくの待ち時間

 

f:id:douteisotsugyou:20170501204904j:image

街のパン屋で買ったオニオンチーズブレッドで腹ごしらえ


うん!うまい


これでまた今日も一日頑張れるぜ!

 

パンに舌鼓を打っていると同じ電車を待っているオジさんに話しかけられた

 

「お兄さん自転車旅かい!」と

 

折り畳み自転車は珍しいのかいろんな人から話しかけられる


旅にはうってつけのアイテムかもしれない

 

今日は須崎まで電車で行ってそこから久礼まで自転車で行きます!と伝えるとおじさんはびっくりしていた!!

 

「ひえーー!そんな遠くまで!!」とさ

 

うーんGoogle mapで見ると自転車で走る距離はせいぜい十数キロだから大丈夫だと思うんだけどなあ・・・

 

おじさんのリアクションに不安を覚えつつ最後は旅の健闘を祈ってお別れした

 

やっぱり人との出会いはいい

 

しみじみと思いつつローカル線に揺られること一時間


電車は須崎駅へ


ここから目的地の久礼大正町市場へは10キロほど


まあ昨日25キロほど走ったから余裕だろうと思って走り出した


しかし、街を抜け少しすると険しい山々が飛び込んできた


これを超えるのか・・・


山の間を縫うように果てしない山道が続いて行く

 

・・・


完全に舐めていた・・・


視界に映る道は全て上り坂・・・


曲がり角をまがってまた上り坂・・・


トンネルを抜けてさらに上り坂・・・

 

駅で出会ったおじさんの言葉が脳裏をよぎる

 

「ひえーー!そんな遠くまで!!」


5キロほど登りが続いただろうか


足からは感覚がなくなり


ひたいからは汗が噴き出してくる

 

ぐへっ、しんどい


途中で休憩をとり、水分で身体を潤す


ペットボトル一本を一気飲みしてもまだ足りないくらいだ


もうちょっとの辛抱だ

 

頑張れおれ!


あと5キロ・・・


あと4キロ・・・

 

f:id:douteisotsugyou:20170501210307j:image
だんだんとゴールが近づくにつれ道がひらけてきた

 

f:id:douteisotsugyou:20170501210435j:image

目的地の中土佐の標識


最後の3キロは天国のような下り坂

 

道行く車もなくこの下り坂を独り占めだ


カラダ全身で感じる風が気持ちいい

 

あとちょっと

 

山道も終わった

f:id:douteisotsugyou:20170501210358j:image

そしてついに・・・

 

GOAL!!!

 

f:id:douteisotsugyou:20170501210333j:image

久礼大正町市場だぜ!!

 

市場自体は大きくないが場内は観光客と地元の人で賑わっていた!

f:id:douteisotsugyou:20170501210557j:image

 

f:id:douteisotsugyou:20170501210611j:image

 

f:id:douteisotsugyou:20170501210620j:image

うひゃー美味しそう!

 

色鮮やかな魚たちに目を奪われる

 

お腹が減ってきた

 

なんせあれだけの山を越えてきたのだ

 

カラダは空腹で限界を迎えていた

 

市場の最後尾にある鮮魚店へ

 

このお店ではまず鮮魚店で食べたい魚をチョイス!

 

そしてその場で新鮮な魚をおろしてくれるのだ

 

僕はヤガラ、あおりいか、アジをお刺身で!

f:id:douteisotsugyou:20170501211047j:image

 

うはー!

 

プリプリで最高だ!

 

アジってこんなにうまいんだ!!

 

今まで食べてきたアジはなんだったんだ!

 

そのくらい衝撃的な美味しさだった!

 

いやーここまできた甲斐があった

 

大満足で市場を後にしそのまま電車へ

 

山越えの疲れが出たのか電車の中では爆睡してしまいあまり記憶がない(笑)

 

目がさめると目的地の中村駅へ到着していた

 

だめだ

 

カラダがへとへとだ・・・

 

街を探索する気力もなくそのままホテルへ

 

汗だくになったカラダを洗うため

 

風呂に入るとそこには幸運にも大好きなサウナが!!

 

サウナ&水風呂のコラボで身体中の疲れを取り除く

 

結局3セットほどこなしてしまった(笑)

 

すっかり気分は整い

 

そのまま夜の街へ

 

徒歩で近所の居酒屋に入り

 

一人酒!

 

f:id:douteisotsugyou:20170501212052j:image

鰹のタタキ

 

f:id:douteisotsugyou:20170501212108j:image
ウツボのたたき

 

f:id:douteisotsugyou:20170501212123j:image
あおさの天ぷら

 

f:id:douteisotsugyou:20170501212143j:image
土佐味噌豆腐に、ぶしゅかん酎ハイ

 

いやーどれも最高にうまい!!

 

幸せー!!

 

ああこれだから一人旅はやめられんなあ

 

明日は四万十川を上流に向かって走る予定

 

その距離なんと50キロ!

 

ひぇ・・・

 

どうなることやら

 

うむ。

 

まあなんとかなるだろう(笑)

 

ということで明日に万全を期すべく今日は早めに寝ます

 

お休みなさい!

 

 

一人旅〜高知・ひろめ市場・桂浜編〜

今年も一人旅の季節がやってきた

 

毎年春になると旅に出たくて心がウズウズしてくる

 

そして今回の一人旅はいつもとひと味違う

 

そう!人生初の自転車旅なのである!!

 

相棒の自転車とともに新幹線に乗り

 

山を越え

 

谷を越え

 

海を越え

 

やってきたのは四国・高知県!!!

 

f:id:douteisotsugyou:20170430220321j:image


駅を降りると広がるのは南国のような陽気だ

 

早速自転車をスタンバイしレッツゴー!

f:id:douteisotsugyou:20170430220600j:image

 

走り出すと柔らかな風が頬を撫でていく

 

通りにはヤシの木が並び

 

どこか異国に来たみたいだ

f:id:douteisotsugyou:20170430220509j:image

 

トロトロ走っていると道ばたにアンパンマン発見!

f:id:douteisotsugyou:20170430220836j:image

そういえば列車の発車メロディーもアンパンマンの歌だったな・・・

 

うむ・・・何故だろう

 

そう思い調べてみるとここ高知はアンパンマンの作者・やなせたかしさんの故郷だということがわかった

 

やなせたかしさんのミュージアムもあるらしい

 

将来彼女が出来て結婚して子供が出来たら連れてってあげよう!!!

 

閑話休題(笑)

 

さて、自転車を漕いで向かった先はそう!

 

高知が誇るひろめ市場!!!

f:id:douteisotsugyou:20170430221527j:image

 

場内は人ごみで溢れ凄まじい活気だ!

f:id:douteisotsugyou:20170430221624j:image

見渡す限りの海の幸たち

f:id:douteisotsugyou:20170430221723j:image

うひゃー!テンションが上がる

 

僕はというと

f:id:douteisotsugyou:20170430221800j:image

馬刺し

 

f:id:douteisotsugyou:20170430221820j:image
そして鰹のタタキをゲット!!

 

うはー!肉厚でプリプリ!


やっぱり採れたての鰹はうまい!

 

大満足で市場を後にして坂本龍馬記念館へ走り始める

 

何を隠そう僕は坂本龍馬が大好き

 

司馬遼太郎作の「竜馬がゆく」を読んでから

 

彼の人間性や考え方など参考にできる部分を真似したりしているくらいだ

 

あの激動の幕末の最中

 

世はまだ鎖国か開国かで二分され

 

ほとんどの武士は国のことなど考えず、己の藩のことのみを考えていた中で

 

坂本龍馬は一人

 

日本人としてどうあるべきか?

 

日本はこれからどうして行くべきか?

 

という大きな視点で物事を考えていたという

 

そんな彼のルーツに少しでも触れてみたいと思い

 

今回の旅はここ高知を行き先に選んだのだった

 

f:id:douteisotsugyou:20170430222846j:image

街を抜け

 

川を超え

 

トンネルを抜け

 

自転車は走る

 

額には汗が滲み

 

春の陽射しが暑いくらいだ

 

心はすごくドキドキしている

 

なんというか無条件で楽しいのだ

 

ずっとこういう旅がしたかった

 

自分の足で

 

自分の力で

 

目的地に向かって行くという感覚はどこか子供の頃の冒険みたいでワクワクが止まらない

 

20代後半になって恥ずかしいけど

 

自転車を漕ぎながら気がつくと大声で歌っていた

 

大通りを抜けるとやっと海が見えて来た!

 f:id:douteisotsugyou:20170430224838j:image

 

うひゃー!

 

潮の香りがなんとも刺激的だ!

 

目的地までもうちょっと!!

f:id:douteisotsugyou:20170430223717j:image

 

途中自転車道沿いの花が目にとまり一休み

f:id:douteisotsugyou:20170430223823j:image

 

f:id:douteisotsugyou:20170430223844j:image

 

f:id:douteisotsugyou:20170430223945j:image

色鮮やかなお花たちに癒されたところで再出発!

 

いやー!

 

遠いぜ!

 

でもあとちょっとだ!

 

頑張れ!

 

その時であった

 

衝撃的な光景を目の当たりにしてしまった

 

f:id:douteisotsugyou:20170430224235j:image

 坂本龍馬記念館 リニューアルのため休館中

 

休館中・

 

休館中・・

 

休館中・・・

 

ええええええええええ!!!!!

 

なんのために高知まで来たんだよ(涙)

 

足が止まり疲れがどっと溢れて来た

 

途方にくれ一人海辺でたそがれる・・・

f:id:douteisotsugyou:20170430223645j:image

ああ・・・

 

もっとちゃんと確認してからくるべきだった(反省)

 

傷心中の心に波音が優しく響く

 

ああ・・・

 

きっと坂本龍馬もこの海を見ながら

 

もしかしたら物思いにふけていたことがあるかもしれない

 

そう思えば僕もかつての龍馬みたいにここ高知で太平洋を眺めながら物思いにふけている

 

ふむ!そういう意味では龍馬のルーツに触れられたのではないか!

 

うむ!

 

ということで強引に自分を納得させ

 

また走り始めた

 

目指すは桂浜!

 

曲がりくねった道を抜けると

f:id:douteisotsugyou:20170430225444j:image

そこには絶景が広がっていた!

 

やっぱり自転車旅は良い!

 

そう思えた瞬間だった

 

アップダウンの激しい坂を走破し

 

やっと到着!

f:id:douteisotsugyou:20170430225702j:image

生で見た坂本龍馬像はなんか逆光でよく見えなかった(笑)

 

f:id:douteisotsugyou:20170430225737j:image

あの小説・竜馬がゆくで度々登場するこの桂浜に今自分もいるのだとおもうとどこか感慨深いものがある

 

f:id:douteisotsugyou:20170430225916j:image

高知名物アイスクリンをゲット

 

疲れた体に染みる優しい味わいだ

 

しばらく桂浜で黄昏ていざ帰路へ

 

f:id:douteisotsugyou:20170430230039j:image

陽が少しずつ沈んで行く

 

街が夕暮れに包まれて行く

 

こんなに走ったのはいつ以来だろう

 

きっと部活に一生懸命だった高校時代以来かもしれない

 

背中はリュックの重みで痛いし

 

急勾配の坂の連続で足はパンパン

 

でもどこか気持ちいい疲れだ

 

ヘロヘロになりながらホテルに到着し夜の街へ

 

フラフラになりながら歩いていると

 

美人な女将さんに声を掛けられた

 

「高知の美味しいものを取り揃えております。よろしければいかがですか?」

 

その後のことはよく覚えていない(笑)

 

気がついたらカウンターに座り

 

ビールを浴びるように飲んでいた

 

こんなに乾いた身体には

 

ビールしかない!(笑)

 

そして料理に舌鼓

 

f:id:douteisotsugyou:20170430230321j:image

塩で頂く鰹のタタキ

 

これもまた美味だ!!

 

f:id:douteisotsugyou:20170430230335j:image

四万十鶏の炙り

 

柚子胡椒との相性が抜群

 

f:id:douteisotsugyou:20170430230343j:image

ウツボの唐揚げ

 

いやービールが進むね!

 

カウンターに案内してもらったおかげでお店の大将との会話に花が咲いた

 

偶然にも同じ故郷出身だということもわかり地元トークで盛り上がった

 

やっぱり旅の醍醐味は人との出会いにつきる

 

今日もたくさんの人の優しさに触れた

 

まだ一人旅初日だけどなんだか今日だけでもう旅が終わっても良いくらい幸せだ

 

明日はどんな旅になるだろう

 

楽しみだ!!

 

お休みなさい

 

 

ランニングはいいぞ!!

ランニングにはまってしまった

ふと急に走りたくなって今月から始めたランニング

それからというもの週2〜3回程

早朝に走っている

本当はもっと走りたいけど

継続するためのコツ

”始めに頑張りすぎてはダメ”

というやつを律儀に守っている

 


朝のランニングは気持ちい

まだ人通りの少ない街中をゆっくりと走っていく

始めはジョギング

車の往来もなく澄んだ空気の中

聞こえるのは自分の呼吸と足音のみ

自分の身体に耳を傾けながら徐々にペースを上げていく

少しずつ息が乱れ始め、身体が汗ばんでくる

それでもそんな少しの苦しさが心地よかったりする

あとはただただ

走って

走って

走るだけ

半分眠った街の中で自分だけが先をいっているような

そんな感覚に陥りながら

街を抜け、川沿いを通り、最後は一直線の林道へ

300mはあろうかというその道を最後はラストスパート

そこにゴールテープはないが

自分だけがひそかに決めたゴールラインがある

最後の力を振り絞り駆け抜ける

ゴーーーール !!!

程よい息切れが心地良い

やがて息苦しさから抜けるとそこには圧倒的な爽快感が待っている

何とも形容できない高揚感が身体を包む

ただただ気持ち良い

少しフラつきながらも家までの道のりを歩く

身体に流し込んだ水がすみずみまで染み渡っていくのを感じる

ここから僕の一日が始まる

頭も身体も完全に目を覚まし

朝からフルスロットルで動き出せるようになった

家に帰りシャワーを浴び身支度を整えていざ出勤

家から駅までの道程

今までは頭を叩き起こすため何となく聞いていた音楽を止め

今では英語のポッドキャストやオーディオブックを聞くようになった

スヤスヤと眠りについていた朝の通勤電車も、お気に入りの本を読むようになった

エッセイを読んだり、小説を読んだり、洋書を読んだり

朝のスッキリとした頭にストーリーがすんなりと入ってくる

おかげでストーリーにのめり込みすぎて何回か駅を降り過ごしそうになるほどだ

そしてそのままのフロー状態で仕事に入っていく

身体は完全に目覚め、始業からフルスピードで仕事に取り掛かっていく

ランニングのおかげで頭も冴えているから、資料の作成のアイデアも浮かんでくるようになったし

少しネガティヴに思う案件も

”まあやってみるか”

と思えるようになる

ランニングが心まで前向きにしてくれるようだ

走り始めてからつくづく思うことがある

それは

”心と身体はつながっている”

ということ

”健全な精神は健全な肉体に宿る”

そんな言葉を身を以て実感するようになった

おかげで随分とポジティブになった

仕事の効率もあがり、最近は定時頃には会社をあとにしている

家に帰ってからも時間がたっぷりとあるし、今までは夜に時間を割いていた読書と英語学習はもう朝の時点で終わっている

おかげで夜の時間を存分に好きに使えるようになった

最高だ!

さて

僕はというと肝心なその夜の時間をyoutube鑑賞に費やしている・・・

THE ダメ人間である

youtubeのおかげで乃木坂46が好きになった

メンバーの顔は全員覚えたし

ライブの映像も多分全部見た

乃木坂46だけのプレイリストも作ってしまった

あとはもうライブに行くだけ

ランニングのおかげで僕は

英語力が少しあがり

読書量が増え

仕事の効率もあがり

アイドルにはまってしまった

本当にいいことづくめである

あとは童貞を卒業するだけなのだが

乃木坂46のおかげで女性のルックスに対するハードルがガンガン上がってしまい、むしろどんどん卒業が遠ざかるばかりだ

こりゃいかん・・・

でも好きなものは好きなのだ

この気持ちに嘘はつけない

まあどうにかなるだろう

困った時はまた走って考えるとしよう

ということで僕が言いたかったのはひとつだけ

「ランニングはいいぞ!!」

そんじゃ!!